3waySystem キャラクター、ナビー

英語の『壁』にぶつかり、悩んでいるあなたへ。あるレベルまで英会話を勉強した人に共通する成果の伸び悩みの原因は、すべての言語に共通する「構造化」にあります。

開発者 各務乙彦(かがみおとひこ)プロフィール

開発者 各務乙彦(かがみおとひこ)プロフィール

開発者 各務乙彦(かがみおとひこ)1955年生まれ。
勉強嫌いだった中学生時代、ワラにもすがる思いで母親が各務に英語の家庭教師をつけた。この家庭教師が徹底的に教えたことが「英文構造の把握」であり、それよって各務の英語の成績が劇的にアップ。

相乗効果で、その他の教科の成績も急上昇した。それ以来各務は、英語の学習において、無意識の内に英文の構造に深く興味を持ち続ける。

青山学院大学、英国ケンブリッジのベル・スクール並びに英国の小さな町、サフロン・ウォールデンの一軒のパブにて英語・英会話を学び、帰国後、英会話スクール等で英会話並びにTOEIC、英検等の講座講師を担当する。英国から帰国し英語を教え始めて、中学生から大人まで、あまりにも多くの人々が、英語・英会話学習に無駄な時間を費やしているのを目の当たりにした。

講師として多くの生徒を指導する中で既存の日本の英語・英会話教育に疑問を持ち、1997年に(有)グローバル・スクエアを設立し、独自の教材・教育法の開発を始める。

日本の英語教育は何かが間違っている、何かが足りないと実感したが、その答えが、各務を中学時代に英語に目覚めさせ、その後各務が長年興味を持ち続けてき た「英文の構造」にあると確信した時、突然、誰もが一目でわかる、極度に単純化された〔英語の基本構造:3Way System〕が脳裏に浮かんだ。

通勤大学英語講座「カンタン英文法攻略法」これが、英語OS〔3Way System〕の誕生である。その後、研究と実践を重ねて、英語OSを脳にインストールする3Way System Trainingを開発し、現在に至る。


総合法令出版より、著書:通勤大学英語講座「カンタン英文法攻略法」を出版。
グローバルスクエア株式会社(東京都経営革新支援法承認企業)代表取締役。

 

日経ビジネスアソシエでも紹介されました。

プレス写真 プレス写真 プレス写真 プレス写真 プレス写真 プレス写真

マンツーマン英会話 Gabaの設立から上場までの間社長を務め、現在はビジネス・ブレークスルー大学グローバル経営学科教授であり、「MBA式英語習得法(写真右から1つ目)」の著者でもある青野仲達氏(写真右から2つ目)に3Way System Trainingが認められ、日経アソシエの2010年12月21日号でグローバル・スクエアの講座が紹介されました。

また、日経ビジネス アソシエ 2011年 7月19日号の中で、英語の読解力アップならこの教室ということで、グローバル・スクエアの講座を紹介して頂きました。実際に通学されている生徒さんからも
「構造解析による文章読解力の飛躍的に向上した!」
「会話はできるが、文章に対して抵抗があったことを克服できた!」
「英語読解が楽しくなりました!」

など喜びの声を頂いています。日本語と大きく異なる英語の構造に脳が自然に反応 するようになるため、英語を「読む・聞く・書く・話す」という全ての能力アップ に効果があります。

日経ビジネス アソシエ 2011年7月19日号表紙 日経ビジネス アソシエ 2011年7月19日号記事

喜びの声はこちら

 

 

 

 

 

 

今すぐ申し込む

ページTOPへ